脱力して体を揺らす「ゆらぎ体操」で、その場で痛みや症状がらくになる

気持ちよくて途中で眠りそうになる人も

そこで、その健康雑誌の編集部は、5月に横浜で開かれた、ゆらぎ体操の臨時セミナーに潜入。この日も、生徒さんが埼玉県や静岡県などの遠方から参加されていました。

初めての人から、ゆらぎ体操を始めて2年という人まで、さまざまな人が、ゆらぎ体操の効果をその場で堪能。あまりの気持ちよさに、途中で眠りそうになる人もいたほどです。

ゆらぎ体操のインストラクターの皆川良子さん(58歳)によると、こうした光景は、教室ではよくあることだとか。

「寝た状態で、脱力して体を揺らすゆらぎ体操は、初めてでもすぐに覚えられる体操です。寝て行うと、自分の動きと周囲の動きを比べなくて済む、というメリットも。初心者でも緊張することがありません。ゆらゆらと揺れることで、体と心が同時にゆるみ、リラックスできて、ほとんどの人が眠くなってしまうようです」(皆川さん)

体が壊れる前にゆらぎ体操を知ってよかった

ゆらぎ体操セミナーを終えた皆さんにも話を伺っています。

「ゆらぎ体操をした後に『心身の疲れが取れた』と、ちゃんと実感できることが続けている理由です。私はバレーボールの実業団の選手でしたが、引退後も、ずっと腰痛を抱えていました。しかし、2年前にゆらぎ体操に出合い、すぐに腰痛を克服することができました」(岸貴子さん・55歳)

「ヨガの講師を20年以上やっていますが、年齢とともに、教える側の私の体が硬くなってきました。それをなんとかしようと、雑誌で知ったゆらぎ体操を役立てたいと思ったのです。肩や肩甲骨の張りが取れ、硬かった腰が、柔らかくなりました。家でもゆらぎ体操をやっており、以前よりよく眠れるようになりました」(Kさん・70歳)

「静岡県三島市で、フィットネスやウオーキングのインストラククーをしています。指導者として体を酷使する毎日で、疲れをため込んでいたのでしょう。婦人科系の手術を受けてからは骨盤のゆがみを意識するようになり、股関節にも痛みがありました。今回は、初めてのゆらぎ体操。こわばっていた体がゆるみ、股関節のひっかかりも多少は取れた感じがします。体が破綻する前に、ゆらぎ体操を知って本当によかったです」(青木由美子さん・49歳)

リラックスするための「体操っぼくない」体操、ゆらぎ体操。初めての人でも簡単にできて、その場で痛みや症状がらくになること問違いなし。ぜひ一度、試してみてください。

→5分で腰や足の痛みが止まり、股関節痛も軽くなった「ゆらぎ体操」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする