粉末のショウガを使ったショウガ紅茶で血圧が下がった!体重も減って体が快調!

いつも体が冷えているように感じた

岩手県にお住いの竹中一志さん(仮名・32歳・会社員)が、自分の健康について最初に不安を持ったのは、高校時代にさかのぼります。健康診断で、尿たんばくの値が高いと指摘されたことがきっかけでした。幸い、特段大事には至りませんでしたが、それ以来、自分の健康状態を常に気にするようになったのです。

そして、2年ほど前からでしょうか。徐々に、体の不調を覚えるようになりました。寝つきが悪く、睡眠不足になったり、足がつりやすくなったりするのです。また、いつも体が冷えているようにも感じます。

竹中さんは、製造業の工場で働いているのですが、職場の環境も不調に影響していると思います。工場は広く、いくつもの設備を回りながら製造ラインを確認するので、勤務中はほとんど歩きどおしです。

しかも、機械が多いため、1年じゅう真夏のような暑さのなかでの作業になります。そのうえ、勤務時間も不規則なので、そうした職場環境が、体調を悪化させているのかもしれません。

そこで一度、医師に体調全般を診てもらおうと決意しました。竹中さんは、漢方など、東洋医学にたけている医師がいいと考え、インターネットで調べました。そうして出会ったのが、イシハラクリニックの石原新菜先生だったのです。

生のショウガでも粉末のショウガでもいい

2017年7月に、初めてイシハラクリニックを訪れ、問診のほか、血液検査や尿検査などを受けました。その結果、血圧が異常に高いことがわかったのです。最大血圧が220mmHg、最小血圧が120mmHgもあり、高血圧症と診断されました(基準値は、最大血圧が140mmHg以下、最小血圧が90mmHg以下)。

その原因として、先生にまず指摘されたのが、低体温です。竹中さんは以前から、冷えが万病の元だということは知っていましたが、自分ではなかなか改善することができませんでした。

そこで、日常生活でできる健康法として、体を温める食材を詳しく教えてもらいました。そして、そのなかで特に勧められたのが、ショウガです。

ショウガをそのまま食べるのはもちろんのこと、積極的に料理に活用したり、紅茶に入れたりするといいとのことでした。

生のショウガでも、粉末のショウガでもいいとのことだったので、竹中さんは早速、スーパーでショウガの粉末を購入しました。それを紅茶に溶かし、黒糖かハチミツを加えて飲むようにしたのです。毎日ではなく、週に5回ほど、特に時問を決めずに飲むようにしました。

ショウガ紅茶が欠かすことのできない習慣に

ショウガ紅茶を飲むと、体が軽くなったように感じます。そして、ポカポカと体の底から温まり、血行が促進されている実感があります。

今日は特に冷えを感じるな、体調が悪いな、と感じたときにショウガ紅茶を飲むと、すぐに体が温まり、元気になるのです。しだいに、、ショウガ紅茶は、竹中さんにとって欠かすことのできない習慣になりました。

このように、ショウガ紅茶を飲み続けてから1カ月がたったころ、血圧の値にも、大きな改善が見られたのです。なんと、最大血圧が150mmHg、最小血圧が100mmHgにまで、大きく降下していました。まだ正常値には届かないものの、たった1カ月で、70mmHgも下がったのです。これには、竹中さん自身も驚きました。

しかも、眠りが深くなって睡眠不足が解消し、足がつることもなくなりました。

体重も大きく減少

そして、さらに3カ月後には、最大血圧が140mmHg、最小血圧が90mmHgまで下がり、ついに正常な備になったのです。

また、血圧だけでなく、体質全般にも変化を感じました。以前の汗はベタベタした感じだったのが、サラサラとした気持ちのよい汗になったのです。また、少し前から、缶ビールひとつで頭痛が起こるほどお酒に弱くなっていたのですが、かつてのように気分よく飲めるようになっています。

そして、うれしいことに、体重も大きく減少しました。80kgだったのが10kg下がり、70kgまでへったのです(身長は166cm)。この調子で続けていれば、もっと体重が落ちるのではないかと、楽しみに思っているそうです。

いろいろな不快症状がなくなり、血圧も正常化し、体も軽くなった竹中さんは、現在、仕事もプライベートも快調です。趣味のフットサルを、月に2~3回ほど楽しんでおり、そんなときは特に、自分の動きが機敏になったことを実感します。

これからも、ショウガ紅茶を飲み続け、健康を維持していきたいと竹中さんは思っています。

イシハラクリニック副院長 石原新菜先生の解説

竹中さんの高血圧は、余分な水分が体内にたまった「水毒(すいどく)」といわれる状態が原因でした。職場環境が体温調整を難しくし、水分をとりすぎたために、代謝の低下と体の冷えが起こっていたのでしょう。

水毒になると、下半身の体温が下がり、頭部に血が上りやすくなります。その結果、高血圧や不眠などを招いていたのです。

ショウガ紅茶には、体を内側から温めて、血行を促し、余計な水分や老廃物を排出させる働きがあります。それが、血圧を下げ、体重の減少にもつながったと考えられます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする