バナナとお酢の相乗作用によって、優れた便秘解消効果が!

肌のハリやツヤ、目の輝きまでアップ!

バナナ酢を飲んでいると、肉や魚などから摂取したたんばく質が、すぐにアミノ酸に分解されます。アミノ酸の分解促進は、肌のハリやツヤ、目の輝きを増すなどの美容効果をもたらします。

たんばく質の分解が進められると、体温も上昇します。この点で、冷え症の改善にもバナナ酢は有効です。

さらに、バナナ酢には、便通を促進するうえで必要不可欠な食物繊維が豊富に含まれています。また、お酢の酢酸によっても、腸のぜん動運動が促されます。バナナとお酢の相乗作用によって、優れた便秘解消効果が期待できるのです。

バナナ酢は、従来は、お酢にバナナを漬け込んで、2週間から1カ月ほどかけて熟成させて作られてきました。しかし村上先生は、このバナナ酢を一晩で作るレシピを考案しました。

村上先生のレシピでは、お酢にバナナと砂糖を入れたものを電子レンジにかけるので、わずか一晩で熟成できるのです。

漬け込んだ翌日から飲むことができる

使用するお酢は、玄米酢、黒酢、リンゴ酢など、なんでもかまいません。また、甘みづけの砂糖は、基本的に黒糖か氷砂糖を用います。

バナナ酢は、漬け込んだ翌日から飲むことができます。バナナの甘みや香りによって、酢の強い刺激が緩和されているので、酸っぱいものが苦手なかたでも、おいしく飲むことができるでしょう。

漬けたバナナは、2週間くらい後に取り出し、食べていただいてもけっこうです。

ただし、バナナ酢は口当たりがいいために、ついつい飲みすぎてしまうことがあります。酢を多量に飲むと、胃が痛くなるおそれがあるので、1日に大さじ2~3杯を目安に飲んでください。牛乳や水、ヨーグルトに混ぜるなどの工夫をするのもいいでしょう。

村上先生自身も、バナナ酢を愛飲しています。おかげでスタミナを維持でき、体調についての不安は全くありません。皆さんも、ダイエットや健康増進のために、バナナ酢を大いに利用してください。

→バナナ酢はダイエットに効果があり数々の優れた健康効果も有している

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする