毎日とった「エゴマ油」のおかげでアトピー性皮膚炎が改善していった

皮膚の炎症が治まりかゆみもはば感じない!

このように、東京都にお住いの野々村浩二さん(仮名・61歳・会社員・男性)が、ステロイド剤をやめて、エゴマ油を積極的にとるようになってからは、アトピーの症状は、徐々に快方へと向かっていきました。

現在、エゴマ油をとり始めてから2年ほどたちますが、皮膚の炎症は治まりました。かゆみも、ほとんど感じません。

野々村さんは、今までは、汗をかくと全身がかゆくなるので、運動はなるべく控えていました。それが今では、定期的に運動で汗をかいて楽しんでいます。汗をたくさんかくと、背中やわきの下などに多少のかゆみを感じることもありますが、以前と比べたら雲泥の差です。

湿疹の激しかったところは、皮膚がただれて赤黒く変色し、分厚くなっていたのですが、今ではとてもキレイになりました。アトピー症状のない人と比べても、わからないほどです。

30年以上にわたって悩まされてきたアトピーが、ステロイドをやめ、食生活を変えることでここまでよくなったことに、野々村さん自身も驚いています。野々村さんはこれからも、エゴマ納豆を日々の食生活に取り入れ、毎日を元気に過ごしていきたいと思っています。

表参道首藤クリニック 首藤紳介先生の解説

エゴマ油に豊富に含まれるα-リノレン酸には、抗炎症作用があり、アトピー性皮膚炎などの炎症を抑制するのに有効です。

また、アレルギー疾患の改善には、腸内環境を整えることが欠かせません。腸内環境の悪化は、免疫機能の低下を招くからです。

この点、エゴマ油も納豆も、腸をキレイにしてくれる食品です。エゴマ納豆で腸内環境が改善されたことも、症状の回復につながったと考えられます。

→アトピー性皮膚炎で使用していたステロイドに不安を感じていた

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする