「エゴマ油」は悪玉コレステロールをへらし血液をサラサラに!

私たちの健康状態は油で大きく左右される

皆さんは、ご自宅で、いつもどのような油をお使いでしょうか。あまり気にされたことがないかもしれませんが、日々摂取している油によって、私たちの健康状態は大きく左右されているといっても過言ではないのです。あなたのその不調も、これまでに摂取していた油が、原因かもしれません。

スーパーの油の陳列棚をのぞくと、そこにはさまざまな種類が並んでいることに気がつくでしょう。そのなかで、表参道首藤クリニック院長の首藤伸介院長が、日常的に使う油として勧めているのが、エゴマ油やアマニ油です。

アマニ油は独特の風味がある一方、エゴマ油はクセがなく、食べやすいのが特長で、特にお勧めです。

エゴマ油は、古来、日本の食生活に用いられてきた油です。しかし、サラダ油などの廉価な油が普及してからは、一般的にはあまり使われなくなりました。しかし、近年、その高い健康効果が注目を集めるようになってきたのです。

アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患にも有効

エゴマ油の原料のエゴマとは、シソ科の植物で、青シソと似た葉を持つ植物です。エゴマという名前から、ゴマの一種だと勘違いされるかたもいますが、ゴマとは全く異なります。エゴマ油は、体の細胞膜や組織を生成する「必須脂肪酸」で、その中の「オメガ3」系と呼ばれる種類に属します。オメガ3系の油には、ほかの油にないα-リノレン酸という成分が豊富に含まれています。

このα-リノレン酸は、体内に摂取されると、EPA(エイコサペンタエン酸)と、DH A(ドコサヘキサエン酸)に変化します。EPAとDHAは、青魚に豊富に含まれていることで、ご存じのかたも多いでしょう。

これらの成分は、血液中の悪玉コレステロールをへらし、善玉コレステロールをふやしてくれます。さらに、血管を若返らせて、血液をサラサラにし、高血圧や心筋梗塞、脳梗塞を防いでくれるのです。

脳の神経細胞も活性化するため、認知症の予防にもつながるでしょう。加えて、体の細胞膜を新しく生成し、腸内環境も整えてくれます。アトピー性皮膚炎などのアレルギー疾患にも有効です。

→エゴマ油を毎日食べるなら「エゴマ納豆」がお勧め

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする