つま先たたきを行うと血行がよくなり、代謝が高まってダイエットや健康維持に役立つ

きつい運動よりも健康効果が得られる

「ダイエットや健康のために運動しなければ」

そう思いながらも、「面倒で続かない」「時間がない」などの理由でできない人は多いのではないでしょうか。

しかし、夜にテレビを見ながら、あるいは、寝床に入って寝付くまでのちょっとした時間、日中のちょっとした空き時間などにでき、運動と同じかそれ以上の効果が得られる方法があるとしたら? 誰でも気軽に行って、ダイエットや健康維持に役立てられるでしょう。

今回ご紹介する「つま先たたき」は、まさにそういう健康法です。名前のとおり、両足のつま先をぶつけ合うだけの簡単な方法ですが、きつい運動にも勝るダイエット効果や健康効果が得られるのです。

つま先たたきは、「イルチブレインヨガ」という健康ヨガの手法の一つです。ヨガ教室では、準備運動や体操の一つとして行っていますが、家庭療法としては、これだけでも十分な効果が得られます。

やってみるとわかりますが、動かすのは足だけなのに、全身が気持ちよくほぐれて、ポカポカしてきます。

その秘密は、両足のつま先をぶつけ合うときのコツにあります。このとき、足首だけを動かすのでなく、足全体を回転させるように動かすのです。

足全体を動かすことで、知らず知らず股関節が使われます。股関節は、人体で最大の関節であり、上・下半身をつなぐ要所でもあります。

大きなダイエット効果が得られる

つま先たたきを行うと、最大の関節である股関節がほぐれるので、それにつながるさまざまな関節、全身の各部がほぐれてきます。股関節がほぐれることで、骨盤のゆがみも取れてきます。

全身の血液循環は、足や股関節で滞って、上半身への戻りが悪くなりがちですが、つま先たたきをことで、それがスムーズになります。

韓国のあるテレビ番組では、あおむけに寝て、上げた手足を細かく振動させる体操(いわゆるゴキブリ体操)と、立って太ももを左右交互に上げ下げする運動、それにつま先たたきの三つを同じ時間行い、体温の上がり方を検証しました。

すると、最もらくに行えるつま先たたきで、体温が最も上昇するという結果が出ました。

つま先たたきを行うと、このように血行がよくなり、その結果、代謝が高まります。同時に、らくな動作でありながら、自然に筋肉を使うので、大きなダイエット効果が得られます。

→「がんこな冷えが取れた」「疲れにくくなった」など、つま先たたきでさまざまな効果が

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする