ダイエット効果がさらに強力になる「ベロ出し耳ひっぱり」

口がゆるむと内臓がゆるむ

ダイエットのためには、さらに強力な方法として、「ベロ出し耳ひっぱり」があります。

ここで、「ハアー」と息を吐きながら、舌を口から前に突き出してください。みぞおちの辺りがひっぱられて反応しているのがわかると思います。もっと強く突き出すと、下っ腹の辺りまでつながって反応するのが感じられるでしょう。舌を動かすことで、おなか全体が動いているのです。

これは、舌を含む口が、「食道-胃-十二指腸-小腸-大腸-肛門」とつながる入り口になっているからです。

胃腸の調子が悪いと口腔内が荒れたりすることからも、口が内臓の一部だというのは実感できるでしょう。

口が緊張すると、それは内臓全体に広がっていきます。逆にいえば、口がゆるむことで体の芯である内臓がゆるみ、体全体がゆるむのです。

舌を出すことで強力なものになる

現代人はストレスフルな生活で、体全体が緊張しています。中でも、舌やあごを特に緊張させています。問題は、その緊張に気付いていないことにあります。だからこそ、体をゆるめられないのです。

一般的に体の表面に近いところにある筋肉(表層筋)より、深いところにある筋肉(深層筋)のほうが意識できません。

しかし、舌を出しながら耳ひっぱりをすると、舌やあごの深層筋の緊張を解消できるのです。

耳ひっぱりだけでも、体の緊張状態は解けていきます。さらに、舌を出すことで、その緊張を解く効果は全身に及び、強力なものになるのです。

実は、藤本先生が短期間にやせたくて実行したのは、このベロ出し耳ひっぱりでした。

ほうれい線や首のシワの解消にも役立つ

ベロ出し耳ひっぱりは、美容効果も高い方法です。

舌の筋肉を「舌筋」といい、顔を支える首周りの筋肉に強い影響を与えます。そのため、ほうれい線など顔や首のシワの解消にも役立ちます。

ほかにも、肩こりや腰痛、顎関節症、頭痛など、あごの筋肉の緊張による不快症状に効果を発揮します。

ベロ出し耳ひっぱりは、朝起きたときと寝る前の1日2回が基本です。

朝起きたときに耳ひっぱりをすると、代謝を活発にする効果があります。夜、寝る前に行うと、胃腸をすっきりさせて眠ることができます。

おなかが空いて何か食べたくなったときやイライラしたときなどにも行うとよいでしょう。

→ストレスなくダイエットに成功する「耳ひっぱり」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする