体の痛みが原因で耳鳴りになった場合は「耳ひっぱり」をすると治まることがわかった

体の痛みから耳鳴りが起こる

耳鳴りの原因でもっとも多いのが難聴です。本人には自覚がなくても、耳鳴りで悩む人の多くに難聴があります。そうした場合には補聴器を使って音を補えば、耳鳴りがうそのように改善する例が少なくありません。

ただし、あくまで多くであって、難聴とは関係のない耳鳴りの人もたくさんいます。また、補聴器を使うほどでもない難聴であっても、ひどい耳鳴りに悩む人もいます。

海外の最新研究によると、体の痛みが耳鳴りに化けてしまう人がいることがわかってきました。その数は、なんと耳鳴り全体の約6割を占めるというデータもあります。

例えば、交通事故でムチウチになり、約2カ月後に耳鳴りが始まる人がいます。ひざ痛や腰痛がある程度改善し、1~2年たってから、急に耳鳴りが始まる人もいます。痛みやしびれが原因の耳鳴りがあるのです。

こうした耳鳴りは、体の感覚から起こることから「体性感覚の耳鳴り」と呼ばれています。

この種の耳鳴りは、痛みのシグナルを「耳ひっぱり」などで別方面に逃がしてやると、治まることがわかってきました。

→耳の誤作動を治すには、「耳ひっぱり」のようなイタ気持ちいい刺激が有効

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする