タマネギ紅茶で高かった血圧が下がった!便秘やニキビも解消!

血圧が大幅に下がって正常値も間近になった兵庫県 65歳 会社経営 男性の方の体験談です。

ゴミ業者に拒否された皮が今では人気商品に

私の会社は、タマネギの産地として有名な淡路島にあります。淡路の農家からタマネギを仕入れ、京阪神方面のホテルなどに販売しているのです。

会社には、タマネギをおよそ800トン貯蔵できる冷蔵庫があり、出荷する分だけ手作業でタマネギの皮をむきます。この皮が、1週間で150トンほどにもなるのです。

タマネギの中身はほうっておけば腐りますが、皮は腐らないので焼却するしかありません。しかし、事業ゴミを扱う専門の業者に処分を断られてしまったので、しかたなく会社の裏で少しずつ焼却していました。

「これを何かに使えんもんかな」といつも思っていました。そして出来上がったのが、今回「タマネギ紅茶」として紹介されている、タマネギの皮を乾燥させて粉末にしたお茶だったのです。これは今では、わが社の人気商品でもあります。

きっかけは、私の高血圧でした。8年ほど前、カゼをひいたので病院に行き、ついでに血圧を測ったのです。すると、最大血圧が170mmHgもあると言われたのです(正常値は140m未満)。

しかし、忙しくて頻繁に通院している暇などありません。それで思いついたのが、タマネギ紅茶だったのです。

170ミリもの血圧が145ミリに下がった

調べてみると、タマネギの皮に多いケルセチンという成分が血圧にいいとのことでした。

また、タマネギの皮には思い出がありました。私が幼いころ、祖母が自宅の庭で採れたタマネギの皮でお茶を作っていたのです。物のない戦中・戦後、私たち家族はお茶代わりにタマネギ茶を飲んでいました。

タマネギの皮なら、材料には事欠きません。早速、試作にとりかかりました。

そうしてできたタマネギ紅茶は、クセがなく、飲み続けられる味です。家族や従業員たちの評判も上々でした。

肝心の、期待していた健康効果もちゃんとありました。毎日タマネギ紅茶を500mlほど飲み続けていたら、1カ月くらいで最大血圧が160mmHgまで下がったのです。

その後も155、150と少しずつ下がってきて、ここしばらくは145mmHgで安定しています。歩いているときに立ちくらみのように突然フラッとすることがなくなり、体も軽くなって動くのが楽になりました。

体重が減った二キビが解消した

このお茶は口コミで広がり、購入したいという人も増えてきました。すると、実際に飲んだ人からさまざまな声が届くようになりました。

「飲み始めて1~2カ月で下半身の冷えとむくみが軽減した」

「朝の寝起きもよくなり、半年で体重が4kg減って、ベルトの穴が一つ縮まった」

「コレステロール値が3カ月で258から220mg/dlまで下がり、肌つやもよくなって5歳若返ったようだ」

「高い血圧が下がり、便秘もしなくなった」

「10年以上苦しんだ花粉症がなくなった」

「疲労からのニキビが解消した」などの手紙をいただくようになり、うれしい限りです。

私の場合、500mlの湯をやかんで沸かし、そこに乾燥させて刻んだタマネギの皮2gが入ったティーバッグを一つ入れて、さらに1~2分沸騰させてからティーバッグを取り出して飲んでいます。きれいな琥珀色のときが、いちばんおいしいと思います。

私は冷ましてからペットボトルに入れて持ち歩き、のどが渇いたときに飲んでいます。子どものころは何も考えずに飲んでいましたが、これほどの効果があることを、身をもって知りました。

むくげのいえ施設長・医師斎藤嘉美先生の解説

タマネギの茶褐色の皮の部分には、ケルセチンというポリフェノールが豊富です。ポリフェノールは、さまざまな病気の原因となる活性酸素を除去する抗酸化物質の一つです。

また、ケルセチンは、血管の最も内側にある内皮細胞の老化を防止します。ケルセチンによって血管の若さとしなやかさが保たれると、血液が流れやすい状態になり、高い血圧を下げる手助けをしてくれるのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする