中高年になると難聴や耳鳴りは誰にでも!「耳ひっぱり」で難聴の進行を防ぐ!

オヤジギャグは難聴が原因!?

40歳を過ぎれば、実は難聴や耳鳴りはだれにでも始まっている症状です。難聴になると、さまざまなコミュニケーションの不具合が起こってきます。

あなたの周囲にも、つまらないダジャレを連発する中高年男性がいることでしょう。これも、難聴が原因の可能性があります。

脳は、聞き取れない音があると、記憶の中から似ている言葉を探す働きがあります。日ごろから聞こえが悪くなっていると、同音異義語を探す癖がつき、それがオヤジギャグの源泉になるのです。

やる気を失いうつになる人も

ご主人がつまらないダジャレを連発するだけならば、周囲が少し我慢すればいいだけですが、難聴をそのまま放置すると、当人にはもっとやっかいな症状が出てきます。

次の段階では、他人とコミユニケーションを取ることが面倒になったり、怖くなったりするのです。その結果、次第に周囲から孤立し、やる気を失い、うつになる人も出てきます。

難聴に気付いたら、できるだけ症状を進行させない工夫が必要です。そんな工夫の一つとして、国際医療福祉大学病院耳鼻咽喉科教授の中川雅文先生が、患者さんに勧め成果を上げているのが、「耳ひっぱり」です。

聞こえをよくし、難聴の進行を防ぐ効果があるのです。

年を取ると皆音が聞こえづらくなる

年を取ると、ほおやお尻など、体の肉が垂れ下がってきます。あまり知られていませんが、耳の位置も低下し、耳の穴の形も変化してきます。

耳の位置は、1cm程度下がるといわれています。この影響で、赤ちゃんのころにはまっすぐだった外耳道は、途中で折れ曲がることになります。

それと同時に、耳の穴の形は、赤ちゃんのころはまん丸だったものが、加齢で扁平にひしゃげていきます。

つまり、音の通り道は折れ曲がり、音の入り口である耳の穴もいびつに狭くなるため、音が聴神経にストレートに伝わりません。この構造上の変化から、音が聞こえづらくなるのです。

→「耳ひっぱり」を毎日続けることで、耳と脳への音の刺激が習慣的になる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする