「指そらし」で心身の状態が落ち着き、うつや不眠が改善している

不調の背景には精神的な要因がかかわっている

鍼灸治療といえば、体のこりや痛みの解消が目的とのイメージがあるでしょう。ガイアそうこグループの治療院にも、ほぼすべての人が体の不調を訴えて訪れます。

けれど、実は痛みなどの不調の背景に精神的な要因がかかわっているケースも少なくありません。

うつ症状などの精神疾患に肩こり、腰痛、頭痛といった身体的症状が伴うことは、実際によくあるのです。

鍼灸治療には自律神経(意思と関係なく体の働きを調節する神経)のバランスを整える効果があり、心身の状態を落ち着けて、精神疾患に伴う不調の改善にも役立ちます。

そうしたケースの人には、治療院の徳永勝也先生は、よく「指そらし」を勧めています。

気持ちが前向きになり仕事に復帰できた

高麗手指鍼法では、手の中指が胸、首、頭部に相当します。

中指をそらせることは、胸から上をそらせる姿勢と対応し、「不思議と気分が前向きになる」という変化を感じられる人が多いようです。

30代の男性Cさんは、両肩の肩甲骨の間に激しい痛みがあると訴えていましたが、整形外科では異常が認められなかったそうです。よく話を伺うと、実はCさん、職場の人間関係トラブルからうつになつていたことがわかりました。

Cさんに指そらしを実践してもらうと、その場で「あれ、痛みがらくになった!」とビックリされていました。しばらく続けるうちに痛みはまったく起こらなくなり、それに伴って、気持ちも前向きになり、間もなく仕事に復帰されました。

努力もいらず簡単に行えるのがよい

30代の女性Dさんは、離婚でつらい体験をしたのがきっかけでうつになり、気分の落ち込みや不眠に悩んでいました。

「自宅でできて元気になれる方法」として指そらしを習慣的に行ってもらうと、続けるうちに「なぜか気分がよくなる」という変化を感じるようになったそうです。

精神科に通院しながら、Dさんはしだいに病気から立ち直り、今では再婚してお子さんも生まれ、元気に生活されています。

うつなどで意欲が衰えている人は、複雑な方法や努力が必要な方法ではなかなか実践できませんが、指そらしは簡単に行えるのがよい点です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする