血流をスムーズにする「指そらし」で、肩こりや腰痛、ひざ痛などの慢性的な痛みが解消

痛みを放置すると血管が縮こまる

富永ペインクリニック院長の富永喜代先生は、麻酔科医として、延べ2万人を超える、臨床麻酔の実績があります。

麻酔科医の仕事というのは、患者さんにとっては「近くて遠い存在」だと思います。というのも、富永先生たちは主に手術中、患者さんの記憶がないときに活躍しているからです。

麻酔の目的は、大きく分けて三つあります。

「痛みを取ること」、「動かないようにすること」、「記憶を消すこと」です。手術を円滑に進め、術後のダメージを減らすために、これらの要素を満たすことが、富永先生たち麻酔科医の仕事なのです。

富永先生はこの経験を生かし、2008年に愛媛県桧山市にべインクリニッックを開業しました。ペインクリニックは、痛み(pein)を緩和して、生活の質を維持・向上するのが目的です。

肩こりや腰痛、ひざ痛などの慢性的な痛みや、こりの解消に欠かせないのが、実は「血流をスムーズにする」ことなのです。

痛みを放置していると、痛みを感じた神経が血管を収縮させてしまい、筋肉が動くために必要な酸素や栄養が、存分に運び込まれなくなります。すると筋肉がむくんで、さらに血管を圧迫します。

その結果、筋肉の炎症がさらに悪化し、痛みやこりが強まるという、悪循環が生じてしまうのです。

わずか1分で血流がアップする

また、痛みを感じると、自律神軽の一つである交感神経が優位になり、血圧や心拍数が上昇します。すると、心臓に負担がかかり、心筋梗塞や脳梗塞など、血管が詰まる疾病のリスクが高くなります。

このほか、代謝や免疫力(病気に対する抵抗力)なども低下し、カゼから生活習慣病、ガンに至るまで、あらゆる病気を引き起こしやすくなるのです。

こうしたトラブルを防ぐため、クリニックでは、主に薬や注射で適切に痛みを緩和し、血流をスムーズにする治療をしています。

同時に、皆さんにお勧めしているのが、わずか1分ほどの簡単な動きで、血流をアップできる「指そらし」です。

やり方はとても簡単です。肩甲骨を大きく動かし、腕を前に突き出して、指先をピーンとそらし、ゆるめるだけです。

実際に、血流にどのような変化があるか、複数の患者さんにご協力いただき調査しました。

→「指そらし」をすると指先の筋肉がゆるみ血流がよくなる

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする