動脈硬化は自覚症状がほとんどないので定期的な検査が必要

内皮細胞が刺激されて傷つくとプラークがたまる

ここで、動脈硬化について少し説明します。血管は、「内膜」「中膜」「外膜」の三つの層からできています。

血管の内側にあり、血液と接しているのが内膜で、その表面は「内皮細胞」というフィルターのような層で覆われています。内皮細胞には、血液が固まるのを防いだり、血管を拡張させたりする働きがあります。

高血圧や糖尿病などで内皮細胞が刺激されて傷つくと、その部分に、コレステロールや脂肪がお粥のような軟らかい沈着物となってたまり、「プラーク」と呼ばれるコブのような塊をつくります。その結果、内膜はどんどん厚くなります。

頸動脈を見ることで全身の様子が見える

プラークがある血管は硬く、内膿も狭いので、血流は悪くなり、血管が少し収縮しただけでも血流が途絶えます。この状態が動脈硬化です。

また、プラークは破れやすく、破れるとそこに血の塊(血栓)ができます。それが血流に乗り、心臓の血管を詰まらせれば心筋梗塞を、脳の血管を詰まらせれば脳梗塞を起こします。

動脈硬化を起こしやすい部位はいくつかありますが、その代表的な部位が頸動脈なのです。

そして、頸動脈の血流速度や血流の状態は、全身の血流の状態を反映しています。さらに、頸動脈の動脈硬化が強いほど、その他の部位の動脈硬化も進行していると考えられます。

これらのことから、頸動脈エコー検査で全身の動脈硬化の有無を判定できると考えられるのです。

20代から始まっていても自覚症状はほとんどない

自覚症状がほとんどない動脈硬化の危険因子には、糖尿病や高血圧、高脂血症、喫煙、肥満などが挙げられますが、加齢も大きな原因の一つです。

実は、内皮細胞への脂肪の沈着は、20歳代ころからすでに始まり、じわじわと進んでいます。ところが、50歳を過ぎて血管がだいぶ硬くなってきても、自覚症状はほとんどありません。

内皮細胞が破れて、血栓で血管が詰まったときに急性心筋梗塞や脳梗塞などを起こし、そこで初めて症状が現れるのです。危険因子を持っている場合は、動脈硬化の進行はもっと早くなります。

危険因子を持っている人はもちろんのこと、自覚症状がない人も、50歳を過ぎたら動脈硬化の検査を定期的に受けることをお勧めします。

→動脈硬化は大事に至る前に進行を食い止めることが大事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする