動脈硬化は大事に至る前に進行を食い止めることが大事

動脈硬化の早期発見こそ血管障害を防ぐ秘訣

千葉県船橋市にある、すぎおかクリニック院長の杉岡先生は、現在のクリニックを開設する以前、救急診療を併設した医療センターに循環器内科医として勤務していました。

そこでは連日のように、心筋梗塞や狭心症といった血管障害を発症した患者さんが救急搬送されてきます。緊急を要する手術や治療に日々追われながら考えていたのは、「こうなる前に、防ぐことができたら」ということでした。

そこで、杉岡先生は、治療だけにとどまらず、病気になりにくい体、病気と闘える体を作るための、血管のアンチエイジングの指導や、動脈硬化の早期発見のための検査を行えるクリニックを開設しました。特に力を入れているのが、動脈硬化の早期発見です。

頸動脈エコーで早期発見

血管障害の大きな原因は動脈硬化ですが、これは急に起こるものではありません。昨日はなんでもなかった人が、翌日血管を見たらできていた、というものではないのです。動脈硬化は長い期間にわたって徐々に進行しますから、大事に至る前に進行を食い止めることが可能です。

そのために、すぎおかクリニックでは、動脈硬化の疑いがある人には「頸動脈エコー」を実施しています。こ
の検査では、頸動脈の硬さや厚み、狭窄の程度を画像で確認して、動脈硬化の進行の度合いを判断することができます。

頸動脈は、首の横にある太い血管です。首の左右に1本ずつあり、この血管を通して脳に大量の血液が流れていきます。

頸動脈は非常に太いうえ、比較的体の外側に位置しています。そのため、エコー検査で簡単に状態を確認しやすいというメリットがあります。

頸動脈エコー検査では、左右の血管の状態を15分程度かけて見ます。痛みもなく、横になっているだけなので、体に負担はかかりません。

→動脈硬化は自覚症状がほとんどないので定期的な検査が必要

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする