見た目年齢が若ければ血管年齢も若い

見た目と血管の年齢を大学の実験で検証

「人は血管とともに老いる」。これは、17世紀のイギリスの医師トーマス・シデナムの言葉で、医師の間では当然のように語り継がれてきました。

老いる、とはなんでしょうか。決め手の一つは、「見た目」だと思います。自分の顔にシミやシワが多くなれば、老いたと思うでしょう。だとしたら、シミやシワが多ければ、血管も老いているのでは-。

今から6年ほど前、愛知大学医学部付属病院の伊賀先生はこんな推測をしました。ところが、この仮説を皮膚科の重鎮の先生に言ったところ、あっけなく否定されてしまったのです。「皮膚の老化であるシミやシワは、100%紫外線の影響」だということでした。

しかし偶然、伊賀先生の上司の教授が興味を持ち、また好奇心旺盛な女子大学院生が入学したことにより、正式に「血管年齢と肌年齢」を研究テーマに取り上げることになったのです。

実験の結果は、驚くベきものでした。実験をした二人の女性のほおの写真を見比べてみると、一方の人が、口元のほうれい線が目立たず、若く見えるのです。

実は、二人はともに64歳です。そして、血管年齢を調べたところ、Aさんは70歳、Bさんは62歳という結果が出たのです。つまり、見た目年齢が若いBさんは、Aさんより血管年齢も若かったのです。

273人の美顔結果は驚くべきものだった!

被験者は、もちろん二人だけではありません。伊賀先生たちの研究グループは、273人を対象に、皮膚のシミやシワ、きめや透明感といったものから、実際の年齢より若く見えた人、老けて見えた人を分けて表しました。評価をしたのは、20代から50代の、20人ほどの看護師です。

それとともに、血管年齢を測るために、動脈硬化の進み具合を調べました。方法は、動脈硬化の指標として使われる、頸動脈の内膜中膜を合わせた厚さを測ることです。

その結果は、見た目の年齢と、血管年齢は相関するということが、はっきりとわかったのです。

→若々しい肌を保ち、動脈硬化を起こさない強い血管にするためには

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする