丈夫な血管のための内皮細胞を健全に保つ三つのポイント

禁煙をしてストレスを軽減する

内皮細胞は、血管の最も内側にあって、一層の細胞だけが並び、常に血液と直接触れ合っています。血液と血管壁の仲介者のような役割を担っており、絶えず血管を守り、強くするように働いているのです。

このように、重要な役割を果たしている内皮細胞を健全に保つには、以下の三つがポイントになります。

①内皮細胞を傷める要因を減らす

内皮細胞を傷つける、最も大きな要因は活性酸素(体内で増え過ぎると細胞を傷つけ老化の一因となる物質)です。活性酸素の害を減らすために、抗酸化成分(活性酸素を除去する成分)の多い野菜、大豆などを積極的に取りましょう。

禁煙をして、ストレスを軽減することも大切です。

脂質や糖質の取り過ぎを避け、適度な運動を

②血圧を上げない

血圧が高いと、内皮細胞が傷ついて機能が低下します。血圧を高める主な要因は、塩分の取り過ぎと肥満です。減塩を心がけ、肥満の人は少しずつでも、標準体重に近づけましょう。

③血流をよくする

血液と内皮細胞は、持ちつ持たれつで互いに健全性を保っています。適度な勢いでスムーズに血液が流れているほど、内皮細胞は高い機能を保てます。そのためには、脂質や糖質の取り過ぎを避け、適度な運動を心がけることが大切です。

内皮細胞は、約1000日、およそ3年間で生まれ変わります。3年と聞くと、長く感じるかもしれません。

しかし、少しずつ入れ替わるので、今日から内皮細胞によい生活を心がければ、徐々に機能は高まります。血管病の予防で大きなカとなる内皮細胞を、ぜひ元気に保ちましょう。

→若々しい血管と健全な血液をつくる重要なカギとなるのが「内皮細胞」

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする