若々しい血管と健全な血液をつくる重要なカギとなるのが「内皮細胞」

内皮細胞が血管を監視し防御する

血管の最も大きな役目は、いうまでもなく血液を目的地に届けることです。しかし、血管は単なる「管」ではなく、複雑な構造と機能を持っています。

特に、血液を組織に届ける動脈には、血液と血管を健全に保つための、さまざまなしくみが備わっているのです。

動脈は外側から、「外膜・中膜・内膜」の三層構造になっています。外膜は血管を保護する層、中膜は筋肉(平滑筋)が豊富で、血管の収縮・拡張を主に担う層です。そして、内膜は、線維からなる薄い層(内弾性板)と、その内側に並ぶ内皮細胞でできています。

丈夫で若々しい血管と健全な血液をつくる重要なカギとなるのが、この内皮細胞です。

内皮細胞は、血管の最も内側にあって、一層の細胞だけが並び、常に血液と直接触れ合っています。血液と血管壁の仲介者のような役割を担っており、絶えず血管を守り、強くするように働いているのです。

内皮細胞の「バリア機能」

内皮細胞の主な役割は、「バリア機能」と「活性化機能」に大別できます。

バリア機能とは、血液中の成分が必要以上に血管内に入らないように監視・防御する働きのことです。この機能が正常に保たれていれば、動脈硬化のもとになる酸化LDLなどの有害物が、血管壁に侵入しにくくなります。

ある程度動脈硬化が進んだとしても、内皮細胞のバリア機能が回復すれば、傷が修復され、血管の強さがよみがえります。

また、多少プラークがたまり始めていても、内皮細胞のバリア機能が強けナれば、プラークが壊れにくくなり、血栓の予防につながります。

内皮細胞は血液も監視して調整する

一方、内皮細胞の活性化機能とは、血管の拡張を促したり、血液をサラサラに保ったりする働きです。内皮細胞は、常に血流や血液の状態を監視しており、必要に応じてそれらを調節しています。

血流が増えると、内皮細胞はNO(一酸化窒素)という物質を分泌します。NOには血管を拡張する作用があるので、その分泌によって血圧が下がり、血管への負担が減ります。また、NOには血栓を防ぐ働きもあります。

NOというと、排気ガスに含まれる有害物質として知られていますが、体内ではこのようにすばらしい働きをしています。NOは多過ぎても体への弊害が生じますが、内皮細胞が健全であれば、常に適度なNOが分泌されます。

内皮細胞は、血液の粘度も監視しておhソ、血液サラサラの度合いを、常に適度に保つ役目もしています。

→丈夫な血管のための内皮細胞を健全に保つ三つのポイント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする